排卵誘発法

体外受精は、まず卵胞期の管理から始まります。良好な卵子を得るためには、卵子が卵巣の中で成熟していく過程を重視しなければなりません。その期間は非常に長く5ヶ月以上に及びますが、特に最後の2ヶ月間が重要です。この間の卵子の成熟が乱されないように、私たちはできるだけ薬を少量に抑え、本来体内に存在しないホルモンであるhCGに関連した製剤を使用せず、自然に近い状態で排卵を促す独自の治療法を取り入れています。

自然周期

生理3日目から排卵前までの内服や注射は一切行わず、排卵直前のスプレキュア点鼻薬(GnRHa)だけで排卵を誘起します。より自然に近い身体にやさしい治療法ですが、排卵時期のタイミングがわかりづらく、採卵する前に排卵してしまう場合もあります。

クロミフェン周期

生理3日目からクロミフェンを使用して自然排卵を抑制するともに、途中から少量のFSH製剤を併用して体が選択してくれた卵子を必要数だけ育てるようにします。卵胞が十分に成長したら、スプレキュア(下垂体ホルモン放出ホルモンのアゴニスト:代表的な商品名がスプレキュア)で卵子の最終的な成熟(排卵しても良い状態にすること)を誘起します。使用する薬剤の種類を考慮し、量を極力少なくし、体の良い卵子を作ろうとする力を最大限に利用した、身体にやさしいばかりではない自然の摂理に適った体外受精法です。

フェマーラ周期

血中の卵胞ホルモンを下げる薬を使用します。
少量の薬しか使わないので、クロミフェン周期よりマイルドな排卵誘発効果を促す方法です。






〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F