学会発表 平成30年

学会発表 平成30年(2018年)

第23回 日本臨床エンブリオロジスト学会 (2018年1月)

  • ARTにおけるコンタミネーションの要因について~卵胞液中の細菌検査~
    渡部 亜衣、家田 祥子、嶋村 純、谷部 幸那、貝嶋 弘恒

  • 採精方法及び精子精製法による細菌陽性率の比較
    阪口 葉子・家田 祥子・嶋村 純・齊藤 紗恵子・渡部 亜衣・城石 裕子・大脇 美早紀・飯山 美冴
    山本 はるか・川畑 絵里・窪山 貴惠・島田 冴・近森 雅美・前地 真奈・高橋 瞬・貝嶋 弘恒

  • 個別培養システム(WOW Dish)を用いたzona-free胚の培養成績
    大脇 美早紀、家田 祥子、嶋村 純、阪口 葉子、貝嶋 弘恒

日本A-PART学術講演会 2018 (2018年3月)

  • 自然周期における適切な媒精開始時間の検討
    前地 真奈、阪口 葉子、嶋村 純、柿沼 敏行、野口 舞子、香川 愛子、藤城 栄美、家田 祥子、貝嶋 弘恒

第152回 関東生殖医学会 (2018年7月)

  • 採精から媒精までの時間による培養成績の検討
    窪山 貴惠、渡部 亜衣、阪口 葉子、嶋村 純、柿沼 敏行、野口 舞子、香川 愛子、藤城 栄美、家田 祥子、貝嶋 弘恒

  • 凍結胚盤胞の形態評価は出生児に影響するか
    近森 雅美、嶋村 純、渡部 亜衣、阪口 葉子、柿沼 敏行、野口 舞子、香川 愛子、藤城 栄美、家田 祥子、貝嶋 弘恒

第63回 日本生殖医学会学術講演会 (2018年9月)

  • Single mediumの違いが培養成績に与える影響
    齊藤 紗恵子、家田 祥子、嶋村 純、阪口 葉子、柿沼 敏行、野口 舞子、香川 愛子、藤城 栄美、貝嶋 弘恒

  • 当院における患者向けホルモン検査勉強会の有用性の追加検討
    谷部 幸那、永岡 咲子、長田 美幸、一寸木 瑶、門脇 真美、嶋村 純、家田 祥子、野口 舞子、香川 愛子、藤城 栄美、貝嶋 弘恒
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル3F