診療風景

不妊治療について

私たちの特徴は、自然周期を主体としたオーダーメイドの不妊治療と症例をもとに築きあげた培養技術です。からだ本来の力を引き出して薬の使用を最小限にとどめ、卵子の健全な成長過程を細やかに見守って育みます。受精から発育、さらには移植まで、医師・培養士が妊娠をサポートします。

診療風景

妊娠のしくみ

妊娠には大きくわけて排卵・受精・着床という3つのステップがあります。

1. 排卵

女性のからだは約1ヵ月に1回、卵巣から卵子が排出されます(排卵)。卵子は卵管采にキャッチされ卵管膨大部で精子を待ちます。

2. 受精

卵子と精子が卵管の中で出会うことから、命がはじまります(受精)。卵子の寿命は排卵から約1日、精子は2-3日といわれており、タイミングよく出会うことが重要です。

3. 着床

受精卵は細胞分裂を繰り返して成長しながら卵管をコロコロと移動します。ホルモンの影響でふかふかのベッドのようになった子宮内膜に着床し、ここで育っていきます。

診療風景

不妊治療の種類について

主に「タイミング法」「人工授精」「体外受精」の3つの治療から、患者さまに最適な医療で妊娠をサポートします。

タイミング法

ホルモン値・超音波などを使い排卵日を正確に推定し、排卵日に合った性交渉の時期をアドバイスする治療です。

人工授精

排卵日を正確に推定し、良好な精子を回収して子宮内に注入することで妊娠を促す治療です。

体外受精

精子と卵子を体外に取り出して受精させ、成長した胚を子宮に戻す治療です。

診療風景

体外受精について

体外受精とは、からだの環境を整えて卵子と精子の出会いをお手伝いする方法です。

体外受精とは

主に4つのステップがあり、卵巣から卵子を体外に取り出し(採卵)、卵子と精子を受精させ(媒精)、受精卵を子宮に近い環境で育て(培養)、育った胚を子宮に戻す(移植)という治療です。

体外受精の種類

体外受精には、卵子を入れたお皿に精子をたくさん振りかけて受精させる「通常の体外受精(C-IVF)」と、状態のよい精子を卵子に入れて受精させる「顕微授精 (ICSI)」の2つがあります。
顕微授精にも様々な方法があり、当院では精子を高倍率で観察することで、より状態の良い精子を見分けることができる「IMSI」を採用しています。

培養室での取り組み

培養室は患者さまからお預かりした大切な卵子、精子、受精卵を培養士が日々育み、見守っている場所です。出産率の向上は培養士の技術力も重要な要です。体外受精の内容をはじめ、培養士の技術や学会への研究発表、最新設備など情報をこちらに更新していきます。

私たちの治療の特徴

私たちは、よりからだに負担の少ない治療で、自然に近い妊娠を目標に日々取り組んでいます。最新技術からクリニック独自の治療まで、さまざまな方法を取り入れています。

特徴的な治療法

  • 自然妊娠は、毎月1個の排卵で成立しています。自然に発育してくる卵胞を主体に採卵を行う、その考えが自然周期・低刺激法です。体への負担が少ない治療法です。患者様の卵巣機能、年齢を考慮して選択していきます。この方法は卵胞の発育に合わせなくてはならないため、年中無休体制で対応しています。

    自然周期について

    月経開始から採卵(排卵)前まで薬剤を一切使用せず、卵胞の成長とホルモン値の変化から採卵日を決定していきます。排卵直前にスプレキュア点鼻薬(GnRHa)だけで排卵を誘起し、成熟した主席卵胞を採卵します。患者さまの持っている卵巣機能を生かし自然なリズムの中で良質な卵子を育てる、体に優しい治療法です。

    低刺激法について

    クロミッド周期:
    生理3日目からクロミッドを内服し自然排卵を抑制するとともに、必要に応じて周期途中から少量のFSH製剤を併用して体が選択してくれた卵子を必要数だけ育て採卵します。薬剤使用時は、患者さまの卵巣機能を考慮しながら慎重に選択し、最小限の使用量としています。良質な卵子を作ろうとする力を利用した治療法です。

    レトロゾール周期:
    生理5日目からレトロゾールを内服し女性ホルモン(エストロゲン)を低下させることで、卵巣に強い刺激を与えずに複数の卵子を育て採卵します。クロミッドよりもマイルドな排卵誘発効果を促す治療法です。

  • 独自開発されたを採卵針を使用し、従来の採卵針(17ゲージ)に比べ約1/2の太さの採卵針(21ゲージ)を使用しています。また、針の先端部分は特殊な方法で加工されており、卵巣組織へのダメージを最小限に抑えるように工夫されています。この採卵針では痛みや出血も軽度なため、採卵時の全身麻酔処置は必要ありません。また、体に負担をかけず数分間で採卵が終了するので、採卵後短時間の安静時間で(20-60分程度)で当日帰宅が可能です。
  • 通常のICSIでは精子の観察を400倍で観察するのに対し、当院で採用しているIMSIは約1000倍で観察することが可能です。精子頭部にはDNAが含まれており、受精だけではなく、その後の胚の発育や着床にも大きな役割を果たしています。IMSIを用いて高倍率で精子頭部を観察し、空胞がない(空砲が小さいなど)の良好な精子の選択を行っています。
  • 成熟した卵子の細胞の中には紡錘体と呼ばれるものが染色体を囲んだ状態で存在します。IMSIを行う際に紡錘体を傷つけると正常な受精卵を得ることができません。当院では、特殊な顕微鏡(紡錘体可視化装置)を用いて紡錘体の位置を観察しながらIMSIを行うことで、安全な顕微授精を行っています。

各種検査

    • ◆性ホルモン
    • E2 (卵胞ホルモン)
    • P4 (黄体ホルモン)
    • LH (黄体化ホルモン)
    • FSH (卵胞刺激ホルモン)
    • PRL (乳汁分泌ホルモン)
    • βhCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
    • ◆甲状腺ホルモン
    • TSH (甲状腺刺激ホルモン)
    • FT4 (遊離サイロキシン)
    • TPOAb (抗甲状腺ペルオキシターゼ抗体)
    • ◆感染症
    • クラミジア
    • 風疹抗体
    • HBs抗原定性 (B型肝炎ウイルス検査)
    • HCV3RD (C型肝炎ウイルス検査)
    • HIV抗原・抗体 (AIDSウイルス検査)
    • RPR定性・TP抗体定性 (梅毒検査)
    • ◆その他
    • ANA (抗核抗体検査)
    • AMH (抗ミューラーホルモン検査)
    • 抗CL-β2GP1抗体
    • 第Ⅻ因子凝固活性
    • プロテインC抗原
    • プロテインC活性
    • LAC
    • プロテインS抗原
    • 抗PE抗体 lgG
       キニノゲン添加
       キニノゲン非添加
    • 抗PE抗体 lgM
       キニノゲン添加
       キニノゲン非添加
    • 抗カルジオリピン抗体
    • 子宮通水検査
    • 子宮卵管造影検査(フェムビュー)
    • フーナーテスト
    • 子宮内膜受容能検査(ERA)
    • 子宮内膜マイクロバイオーム検査(EMMA)
    • 感染性慢性子宮内膜炎検査(ALICE)
    • ヘルパーT細胞⇒Th1/Th2(免疫寛容に対する検査)

クリニックの治療実績

クリニックでの最新の実績は次のグラフからご覧いただけます。

採卵件数と移植件数

2008年の開院以来、患者数は年々増え、2017年、2018年には採卵件数が4000件を超えました。

グラフ

移植における着床率と胎嚢確認率

妊娠する率は年齢に応じて変化します。私たちは、質の良い卵子を採卵し、症例によって培われた培養技術で、妊娠率の向上を目指しています。

グラフ グラフ グラフ

2019年 年齢別卵巣刺激法の分布

採卵の周期に入ると、患者さまの年齢や卵巣機能、ホルモン値の状態から卵巣の刺激方法を決定しています。年齢が上がるにつれて卵巣機能も徐々に低下していくため、卵巣に負荷のかからない自然周期が増えてきます。

グラフ

不妊治療セミナーについて

不妊治療を検討中の方を対象としたセミナーや、当院に通院中の方向けの各種説明会を開催しています。詳しい内容と日程はこちらからご覧ください。